2017年07月18日

717 一撃必殺!急にマンガ家だの声優だの絵師だのになりたいと言い出した子どもや大人を止める、オススメの方法

一撃必殺!急にマンガ家だの声優だの絵師だのになりたいと言い出した子どもや大人を止める、オススメの方法

賛否両論的な感じですが、まぁ言ってることは概ね正しいと思います。ただ、相手が子供ならもう少し優しく言ってあげたほうがいいかなとは思いますが。

以下は基本的に漫画家、あるいは小説家といった、個人で成り立つ職業の場合で書きます。
アニメやゲームは集団制作なので。色々と役割分担があり、一概にクリエイター的職業とはいえないので。
そして「それのみで食っていく」プロとしての、の場合です。今は色々やりながらでも作品発表はできるからです。

まず、漫画家になりたい、と言ってる人でも「漫画を描くことが好き」かどうかはわからないのです。描いたことない人だっています。せめて描いてから言えば、と思います。以前のブログでも書きましたし、手塚治虫も尾田栄一郎も言っていますが、プロになれば年間何百ページも描くのですから。まず量が描けないと話になりません。なのでそこで「本当に好きかどうか」が問われるのです。

次に考えて欲しいのは、50歳や60歳になった自分がその時に漫画で食っていけるかどうか、を想像して欲しいです。
個人営業で長年安定した収入を得るのは至難の技です。漫画家になった人でも、いつまで印税収入があるわけではありません。てか最初の版だけで以降はないのがほとんどでしょう。

要するに、「思うほど簡単な職業ではない、てかすげぇ大変。サラリーマンの方がよっぽど楽、仕事的にも収入的にも」なのです。
posted by Z-G3 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック