2017年08月01日

730 日テレが中国の国連平和維持軍を自衛隊と紹介

日テレ「news every.」より
PKO日報問題報道で流れた自衛隊とされる映像
使用している銃、中国国旗のワッペン、ヘルメットから、自衛隊ではなくの中国の国連平和維持部隊の映像だと指摘される

ネットで騒ぎになっていますが、元の動画を見つけられませんでした。まだヤフーとかにも上がってはいない模様。なのでウラ取れてません。

そして番組的には「南スーダンの治安が悪化した」という報道で、「写っているドンパチやってるのが自衛隊とは言ってない」感じなのですが、まぁぱっと見ると自衛隊がやってると思うよね。なので、紛らわしいのです。「誤解を招く表現だった」とか言いそうです。


でですね、これってどういうことなのかを考えていくつか可能性を挙げてみますね。

・わかっててやってる。なんかそれっぽい映像が流れてればいいと思ってる。イメージイメージ。テキトー仕事。
・わかんないでやってる。調べてない。確認してない。めんどくさいし時間も予算もない。テキトー仕事。
・日々こうして日本を貶める地道な工作活動に邁進している。熱心ですね。

おもろいことに、3つ目の「意図した捏造」の場合が一番ちゃんと仕事してるってことになります。内容はともかくとして。「仕事」か?って気もしますが。


ただひとつ確実に言えることは、ミスであれなんであれ、どんどんテレビから若い衆が離れていくってことですね。
posted by Z-G3 at 21:11| Comment(0) | 時事ネタなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする